スーツの男性

若手会社員のための残業代請求の基礎知識

手を差し出す女性

入社してから日が浅いサラリーマンは、上司に頼まれると残業を断れないことが多いです。一方で未払いの諸手当に気付かないこともあり、残業代請求の方法についての知識が十分にない若手会社員もいます。自分自身で問題を解決するよりも、法律事務所に相談したほうが速やかに残業代を支払ってもらえます。また弁護士の検索サイトで実績と料金システムをチェックすると、相談しやすい法律事務所を誰でもすぐに見つけることができます。特に若手サラリーマンの間では、初回の相談が無料で着手料金が不要の法律事務所が大人気です。また多様な業界で働く会社員の残業代請求の成功実績の多さに注目するのが、良い法律事務所を見つけるためのポイントです。タイムレコーダーの記録がない場合でも、小さな証拠を積み重ねることで残業代請求を成功させることが可能です。そしてすでに退職した場合でも、前の勤務先の企業に残業代を請求することも十分に可能です。ヒアリングに力を入れる弁護士を活用することが、難易度が高い残業代の請求を成功に導くためのポイントです。未払い賃金の請求期限は2年なので、どのようなケースでも早めに法律事務所に相談して解決に向けて動き出すことが重要です。

残業代請求をして鬱憤を晴らしましょう

定時を過ぎたのに、上司の圧力で怖くて残業代請求することができない。そのようなことを現在経験している方はいらっしゃいませんか。日本の法律の中には労働時間8時間を超えた場合は、事業者は残業代を払わなくてはならないという法律があります。しかし、自分の会社、部門の人件費の数字を悪くさせないために監督者や管理者はこの法律がありながら実際この法律を実務において制御する者がいないので監督者や管理者の自由に圧力をかける等、人を使うことができます。しかし、そのような状況のまま我慢するのはあなたにとって本当に良いことでしょうか。残業代が支払われなかったということはあなたの労働にかけた時間を無駄にすることになります。そのようなあなたの不本意になる結果になるべきではありません。もし監督者や管理者の圧力が怖くて残業代請求ができないとのことなら、カードキーを通す勤怠システムなら管理者や監督者の見ていない間にカードキーを通しましょう。もし後から何か言われたとしてもそのデータは変更することができないのであなたの勝ちです。またカードキーを通す勤怠システムがない会社なら、自分でノートに出勤時間と退勤時間を正確に記入し会社の人事部へ残業代請求をしましょう。そしてそれでもダメだったら、法律事務所に相談しましょう。

残業代請求は弁護士を通じて行おう

連日長時間の残業をしているというのに、残業代が支払われないということは、残念ながら珍しい事ではありません。上司とトラブルになったり、会社の中で気まずい思いをしたくないという考えで、泣き寝入りや我慢をしている方も少なくないのでしょうか。トラブルや確執を回避してスムーズに残業代請求を行うなら、まずは専門の法律事務所に相談をしましょう。これまで、さまざまなケースの残業代請求を成功に導いてきたプロフェッショナルである専門弁護士なら、専門的な知識がない方や、これまで勇気が出ず躊躇していた方も安心して相談できるはずです。専門の法律事務所では、電話相談を始め訪問や面談でも何度でも無料である場合がほとんどです。残業代未払いと一口に言っても、相談者の方の置かれている環境や職場での人間関係など実にさまざまな要因が複雑に絡み合って発生している場合もあります。相談者の方の話を細かく何度も聞くことによって、残業代請求をスピード解決に導くことがよりスムーズになるのです。もし、現在残業代未払いでお悩みなら、まずはお近くの専門の法律事務所にお気軽に相談することから始めてみてください。自身で証拠を十分に持っていない場合でも、弁護士に相談をすれば請求が通る可能性が高まります。

問題はどこの弁護士に相談するかです。残業代請求に関しては【千代田中央法律事務所】の先生方がノウハウを蓄積しているので、相談、交渉、解決のプロセスがスムーズに進む可能性が高いです。

最新の情報

最新記事一覧

Top