スーツの男性

未払いの残業代請求はまず法律事務所に相談しよう

未払いの残業代請求をして、雇用主に支払いを求める場合、提出する証拠の有無が重要なポイントとなります。
証拠として有利に働くものとしては、シフト表などの出勤時の記録コピー、タイムカード等の出退勤時間の記録やメモ、パソコンのログイン、ログアウトの記録データ、業務日誌や業務日報等があげられます。
また、雇用契約書、シフト表、就業規則、給与明細等、労働条件を示す証拠のコピーや画像もあれば加えた方が有利です。
さらに、上記以外のものでも、証拠になり得るもの、例えば手書きによる勤務時間や業務内容の記録やメモ、残業時間の計測アプリ、帰宅時間などを家族に知らせたメール、パソコンの使用履歴、メールやFAXの送信記録、セキュリティーカード、交通機関のICカード、車内にある時計の画像等もあると良いでしょう。
すでに退職した勤務先へ残業代請求をする場合、証拠集めは難しいケースがほとんどですが、弁護士に依頼すれば、会社側に開示請求することが可能です。
未払いの残業代を請求するときには、個人で申請手続きをするのは非常に難しいので、まずは法律事務所に相談して弁護士からアドバイスをもらい、残業代請求がスムーズに進むようにすることをおすすめします。

最新の情報

最新記事一覧

Top