スーツの男性

管理職が残業代請求をする方法とは

サラリーマンの多くが、課長などの管理職は残業代をもらえないという間違った知識を持っています。しかし管理職も残業代請求が可能であり、未払い分を会社から支給してもらうと暮らしにもゆとりが持てるようになります。管理職の相談に丁寧に対応する弁護士を活用するのが、未払いの残業代請求をする場合の基本です。また長期間残業手当を受け取っていない場合には、請求可能な金額が100万円以上になることも多いです。法律事務所に相談するときに残業状況に関する証拠を提示すると、未払い金額の概要を知ることができます。しかし恒常的に残業手当の未払いが続いている場合には、証拠が確保できないことが多いのが実情です。メモ帳やスマートフォンの記録内容を間接的な証拠とするのが、管理職が円滑に残業代請求の手続きを進めるコツです。労働問題に特化した法律事務所であれば、証拠が確保できない困難な案件でもサポートしてくれるので安心です。また近所に法律事務所がない場合でも、メールを活用しながら弁護士の支援を受けることは十分に可能です。会社側との交渉を通じて手当てを支払ってもらうのが理想的ですが、話し合いが決裂した場合でも裁判で解決するという選択肢があります。

最新の情報

最新記事一覧

Top