スーツの男性

一人で悩まず残業代請求は専門家にまかせよう

給与支払いの形態や待遇などは、それぞれ職場によって異なります。しかし、毎日のように残業をしているのに、いわゆるサービス残業と呼ばれる支払われるべき給与が支払われていない状態に陥ることも珍しくありません。新入社員や若手社員の方は、どうしてもこのような事態に陥っても自ら意見を言うことも難しく、またどのように手続きをしたら良いのかということも分かりづらいため、泣き寝入りしてしまうケースが増えています。本来であれば、法律で定められている通り、1日に8時間以上労働を行った場合は、残業代が支払われることになっています。つまり、法律で定められている労働時間を超えて仕事を行っているのなら、堂々と残業代請求が行えるというわけです。しかし、残業代請求は、個人で行うにはリスクが高いのも事実です。これから残業代請求を検討されているなら、ぜひ専門の法律事務所に相談してみてください。全国各地に残業代請求を始め、いろいろな職場でのトラブルや労働問題を得意とする弁護士の方がいらっしゃいます。どの法律事務所でも相談は無料なので、分からないことだらけだったり、いまいち問題が整理できていないという状態であっても、臆せず気軽に相談してみましょう。

最新の情報

最新記事一覧

Top